ご来場いただき誠にありがとうございます。当サイトは、7つの財布づくりを目指すためのノウハウを提供するブログです。

株式投資に必要な知識ーリスクヘッジの重要性ー

皆さんは、今までに投資をしたことはありますか?

投資と聞くと、「難しい」「お金を失って怖い」というイメージを持っている人がほとんどだと思います!

 

しかし実際には、投資の仕組みを理解することで、意外と簡単に利益を出すことができます。

 

今回は、投資を検討している人が一歩踏み出せるように、投資の基礎知識をお伝えします。

投資とは

投資で利益を出すには2パターンの方法があります。

インカムゲインとキャピタルゲイン
  • キャピタルゲイン…価値が変動する資産を売買することによって生まれる利益。
  • インカムゲイン資産を保有しておくことで生まれる利益。

投資の種類

また、投資の種類は大きく5種類に分けられます。

投資の種類
  • 株式投資
  • 仮想通貨
  • FX
  • 不動産投資

※他にもありますが、メインはこの5つです。

 

今回は、株式投資について説明します。

 

株式投資

投資市場では、株式会社が利益を出すと、会社の株価が上がる仕組みとなっています。

 

※株式会社とは、企業が資金を集める為に株式を発行した会社のことです。

 

証券取引所で行う株の売買では、株式変動(株価の上昇・下落)の差が粗利になります。キャピタルゲイン)

キャピタルゲイン
  • メリット…利益の出し方がシンプルでわかりやすく、すぐに利益を出せる可能性が高い
  • デメリット…株式が下がることもあるので、自分の資本が無くなることもある

 

また、株式投資にはインカムゲイン側面もあり、株式を保有することによって配当金を得ることができます。

 

※配当金とは、株式会社が成長した際に、会社から株主(=株を買った人)に贈られるお金です。

 

日本の株とアメリカの株の配当金の違い

配当金は、国によって仕組みや金額が違います。

 

例えば一般的な配当金で言えば、配当金が貰える期間は、日本では年間で1〜2回アメリカでは最大4回です。(※期間はそれぞれの企業によって変動します)

 

日本の株はアメリカの株と比べて配当金が少ない分、株主優待と呼ばれるサービスを行なっています。

 

株主優待を受ける(ある一定数の株を、同じ株式会社で保有する)ことで、割引券などを貰い、株の保有会社のサービスを安価で利用することができます。

 

配当金を得るために必要な株の購入の仕方

日本株で配当金を得るには、基本的に100株以上購入をする必要があります。

 

言い換えると、最低でも100株を購入しなければ、配当金を貰うことができません!

 

しかし、アメリカでは1株から購入することができ、1株からでも配当金を貰うことができます。

 

これだけの要素から考えると、単純に「アメリカ株の方が良い」と考えるかもしれません。

 

しかし、インカムゲイン(株の配当金のための投資)にも、メリット・デメリットが存在します。

 

インカムゲイン
  • メリット…資産が無くなることがあまりなく保有していれば永久的にお金が貰える
  • デメリット…資産が無くならない代わりに、初期費用が高く配当金額が少ないため、色々な条件を加味して長期的な投資になる(日本株の場合は初期費用がかかり、アメリカ株の場合は二重課税がかかる)

 

良い面も悪い面もあるので、自分のスタイルにあった投資方法を選ぶようにしましょう。

 

勝つ投資よりも負けない投資

投資に必要なのは、勝つことよりも負けないことを常に考えることです。

 

どんな投資にも共通する条件は、「リスクを分散することが最重要」ということです。

 

投資の世界の格言でこんな言葉があります。 

卵は1つの籠に盛るな!」 
格言の意味…「1つの籠に全てを入れていると、籠を落とした時に全て失う」

 

投資も同じであり、1つの投資先に多額のお金を投資するのではなく、投資先を分けてリスクヘッジ(リスク分散)を取ることが大切です。

 

では、具体的に、どのように株式投資の「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」のリスクヘッジを取れば良いのでしょうか。

 

キャピタルゲインのリスクヘッジ

キャピタルゲインのリスクヘッジとして有効とされているのは、ドルコスト平均法です。

 

ドルコスト平均法とは「定額購入」、つまり毎月一定額を、同じ投資先に投資することです。

 

毎月一定額の投資をすることで、投資した金額が同じ金額でも、株価が低い時は多くの株を買うことができます。

 

逆に、高い時には少量しか買えません。

 

しかし、同じ投資先の(長期的かつ定期的な)株の購入は、株価の大きな変動を気にする必要がなく、「価格変動による損」に対するリスクヘッジをとることができます。

 

ただ、この方法は、売却する際にトータルでマイナスになる場合もあるので、投資先を慎重に考えてから投資を行うようにしましょう。

インカムゲインのリスクヘッジ

インカムゲインのリスクヘッジとして有効とされているのは、自分のポートフォリオを作成することです。

 

ポートフォリオとは、自分の資産を分野ごとに分ける「資産形成」のことです。

 

インカムゲインで利益を出す場合、長期投資になることが多く資産運用として活用する人が増えています

 

先程の投資の格言でもあった通り、長期投資の場合リスクを減らす為には分散投資をしなければ将来に繋がりにくいからです。

 

分散投資の例をあげると、5つの違う分野の投資先を決めて、長期的にみてどれかが下がってもどれかがカバーしてくれるように形成させるなど、ポートフォリオを踏まえた上での徹底的なリスク分散を行います。

 

経済の仕組みとして、利益が低迷してる企業の裏で、必ず利益が上がっている企業が存在している傾向があるからです。

 

まとめ

投資の大前提として、「リスクヘッジ」を取らない時点でギャンブルとなります。

 

安定的な資産運用を行いたい場合は、ドルコスト平均法を用いたり、分散投資を行うなど、多種多様の方法で投資を行うようにしましょう。

 

しかし、市場は常に変化する為、「確実に勝てる投資」は存在しません。

 

結論、一番大切なのは、常にニュースなどで市場に目を向け、自分自身で考えながら投資をすることです。

 

 

また、当ブログでは、他にも様々な投資の情報を発信しています。

 

他の投資をしてみたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

仮想通貨とはー経済ショックによる変動と今後の期待値ー

FXの仕組みについて解説ーFXの魅力とはー

株式投資を始める前にー基本的な知識ー

>「SEVEN WALLETS」は、時代の変革に向けて準備をしたい人向けの「副業教育事業」を目指します。

「SEVEN WALLETS」は、時代の変革に向けて準備をしたい人向けの「副業教育事業」を目指します。

「SEVEN WALLETS」は、時代の変革に向けて準備したい人のための学校を作るために、現在チームアップ中です。 副業に特化したメンバーや、事業に参加したい方を募集しておりますので、興味のある方はメールにて気軽にお問い合わせください。

CTR IMG