ご来場いただき誠にありがとうございます。当サイトは、7つの財布づくりを目指すためのノウハウを提供するブログです。

無料ブログとWordPressの違いー初心者はどちらを使うべきかー

サイト運営をする上で、基本的に無料ブログかWordPressのどちらかを選びます。

 

しかし、お金を稼ぐ前からお金を使いたくないですよね。

 

例えそれが年間1〜2万円の出費だったとしても、まだ収益が出るか分からないものを買うのは、誰でも抵抗があります、

 

では、永年無料でできる無料ブログと、1年間1〜2万円ほどのWordPress、どれ程の違いがあるのでしょうか。

 

今回は、WordPressで運営することで、年間1〜2万円の費用を出す価値はあるのか、徹底的に洗い出します。

 

 

無料ブログとは

無料ブログには、はてなブログ、ライブドアブログ、アメーバブログなどが存在します。

 

無料ブログは、サーバーの管理などを全て無料ブログ運営者に任せる為、記事の管理だけを行えばOKです。

 

細かい部分を気にしなくていいので、とりあえずブログをやってみたいという方にはオススメです。

 

無料ブログのメリット・デメリット

無料で使えるブログですが、メリット・デメリットがあり、使う人によって賛否両論です。

 

無料ブログのメリット

  1. 運営がカンタン
  2. 何もしなくてもアクセスが来る
  3. コミュニティが作れる
 
①ブログの運営がカンタン

無料ブログは、運営がとても簡単です。

 

アカウントを登録後、記事を投稿していくだけで、徐々にユーザーが増えていきます。

 

※ただし、読者に需要のある記事を書いた場合のみです。

 

サーバーの管理や、サイトデザインの管理などは一切必要ないので、お手軽に始めることができます。

 

何もしなくても簡単にアクセスが来る

既にドメインに力がある為、勝手にアクセスがきます。

 

例えば、はてなブログであればはてなブログのサーバー・ドメインがつく為、インターネット検索で流入しやすくなります。

 

また、ブログ内にコミュニティやランキングがある為、比較的読者を集めやすい傾向があります。

 
コミュニティが作れる

ブログ内でのツールを使うことで、ブロガー同士でコミュニティを作ることが出来ます。

 

例えば、はてなブログではブロググループという機能があり、そのグループに所属するだけで他の人の投稿が見れるようになります。

 

※ラインのタイムラインのように、新着順に見ることが出来ます。

 

また、コメント欄で他のブロガーと話して、仲良くなることもあります。

 

結果として自分のブログの流入数も増えるので、無料ブログを始める人は積極的に使いましょう。

 

無料ブログのデメリット

  1. ドメインが固定される
  2. デザインが固定される
  3. 広告が制限される
  4. 基本的にGoogleアドセンス不可
  5. アカウント停止・ブログを削除される可能性がある
  6. 容量制限がある
 
ドメインが固定される

例えば、はてなブログであればhttps://xxx.hatenablog.com/xxxのように、ドメインが指定されます。

 

ドメインが固定されることのデメリットとしては、SEOの最大化が難しい所です。

 

言い換えると、自分のサイトが一瞬上位表示になったとしても、キープがかなり難しいです。

 

また、検索が稼げる無料ブログドメインは、あくまでブログの運営者にアクセスを集中させることが目的なので、自分のサイトの価値の底上げ・商用化がかなり難しいです。

 

デザインが固定される

基本的に、無料ブログはいくつか用意されているテンプレートを選ぶことで、デザインを決めます。

 

自分が思い描いたサイトデザインに出来ないので、自由度はかなり低いです。

 

また、他のページとのデザインの差別化が難しいので、ありきたりなページになってしまいます。

 

広告が制限される

ホームページを収益化させたい人にとっては、悩ましいポイントの一つです。

 

無料ブログが運営する広告が勝手に入ってくるため、自分のブログサイトとは全く関係ない広告が流れてしまう場合があります。

 

また、デザイン変更ができない為、広告を意図した位置に貼ることもできません。

 

広告を変更したいと思っても、1ページずつ変更するしかないので、時間と手間が掛かります。

 

基本的にGoogleアドセンス不可

いくつかのサイトを所有している場合、googleアドセンスの審査が通る場合がありますが、ほとんどの無料ブログのサイトはgoogleアドセンス審査が通らない傾向にあります。

 

無料ブログは、ただでさえ広告が制限されているので、googleアドセンスがない状態での収益化はかなり厳しいです。

 

※Googleアドセンスとは、自分のサイトに貼ったGoogleの広告を押してもらうだけで、報酬がもらえる広告のことです。

 

googleアドセンスの審査を通したい人は、無料ブログでの運営は避けた方が無難です。

 

アカウント停止・ブログを削除される可能性がある

一番恐ろしい事態です。

 

特に何も悪い記事を書いていないのに、運営者の判断でアカウントが凍結される場合があります。

 

その場合、すべてのページを失うことはもちろん、継続的に得ていた広告収入も失われます。

 

復旧も不可です。

 

また、運営者側のブログ削除などで、一番検索数を稼いでいたサイトも一緒に消されることもザラにあります。

 

リスクヘッジでバックアップを取っておくことも可能ですが、無料ブログのバックアップ→復元はかなり面倒です。

 

アカウント凍結・ブログ削除のリスクは避けて通れないので、リスクヘッジしたい方はWordpressを使いましょう。

 

容量制限がある

写真などの画像を使う時に、ある程度容量を使うことがあります。

 

容量無制限の無料ブログサイトも存在しますが、基本的に1GBのみといったように制限がかけられます。

 

その為、無料ブロガーは、文字だけの質素なブログページになる傾向にあります。

 

動画・画像の多様化が進んでいるこの時代で、画像や動画を自由に貼れないのはSEOにとってもかなり致命的です。

 

WordPressとは

WordPressとは、CMS(コンテンツ管理システム)のことです。

 

※CMSとは、アプリケーション一つでサイトの運営ができるシステムです。

 

基本的に自分でサイトを作ろうとした場合、プログラムのHTML/CSSやPHPなどが必要になりますが、WordPressはプログラム言語を理解していなくてもサイトを作ることが出来ます。

 

※ただし、ブログラム言語を理解している方が、出来る幅は広がります。

 

また、プラグインと呼ばれる追加機能をインストールすることで、バックアップやサイト管理、文章装飾の簡易化、SEOなどが容易に可能です。

 

WordPress自体使うのは無料で、プラグインも無料のものがほとんどです。

 

その為、初心者でも手が出しやすく、立派なサイトを作り上げることが出来ます。

 

※サーバー・ドメイン費用は別途必要です。詳しくはこちらの記事で説明しています。

 

WordPressの使用比率

WordPressの利用率はインターネット全体の約40%となっており、世界的に見てもナンバーワンシェアを誇る良質なアプリケーションです。

WordPress公式サイト参照

 

以下は、世界のCMSの割合です。

引用:https://w3techs.com/technologies/overview/content_management/all

 

続いて日本のCMSの割合です。

引用:https://w3techs.com/technologies/segmentation/cl-ja-/content_management

 

日本では、全体の約8割のサイトがWordPressで構成されていることが分かります。

 

WordPressのメリット・デメリット

無料ブログと比較して、できることが増えますが、その反面デメリットも存在します。

WordPressのメリット

  1. システムを無料で使える
  2. ドメインが自由
  3. デザインが自由
  4. 広告が自由
  5. Googleアドセンス審査が通過しやすい
  6. サイトが消されてもすぐに復旧できる
  7. 容量制限がない
 
システムを無料で使える
WordPressは、基本無料です。
 
有料のプラグイン・デザインなども後々必要によって買うこともありますが、大抵のことは無料でできます。
 

ドメインが自由

独自ドメインを使うことが可能です。
 
その為、自分の考えたURLを作ることが出来ます。
 
また、独自ドメインを使うことによって、ホームページを移行した後もそのまま移すできます。
 
サーバー移行時に、サイトの中身や集客の人数が変わらないところが、無料ブログとの大きな違いです。
 
デザインが自由

サイトデザインを基盤ごと変えることが可能です。

 

サイトの背景色・ヘッダー・メニュー・フッターなど、サイトの至る所が変更できるので、自分の思い描いたデザインを実現させることが出来ます。

 

また、cocconlionblogなどの無料のデザイン(テーマ)を使うことで、SEOにも有効です。

 

綺麗なデザインを使いたい場合は、The ThorやJinなどの有料テーマを使っても良いでしょう。

 
広告が自由

広告を自分の好きなようにカスタマイズして貼ることが出来ます。

 

不自然な広告をなくすことや、広告の形を変えることも可能なので、売り気感を一切出さないアフィリエイトサイトを作ることが出来ます。

 

また、広告を意図した位置に貼ることができるので、「アフィリエイトサイトとしてのSEO」が実践できます。

 
Googleアドセンス審査が通過しやすい

WordPressを使った上で、審査のための最低限度の準備をしておけば、基本的に審査を通過することが出来ます。

 

Googleアドセンスは、「初心者は審査通りにくい」とは言われていますが、SEOに従ってWordPressでサイトを作れば、初心者でもちゃんと審査が通るようになっています。

 

※Googleアドセンスの審査がうまくいかない人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

 
サイトが消されてもすぐに復旧できる

WordPressはあくまでサイトを閉鎖されるだけなので、サーバーを移行すれば簡単に復旧することが出来ます。

 

最近は便利なプラグインもあるので、ワンクリックだけで全て移動、ということも可能です。

 

ただし、サイトが閉鎖された場合は何らかの原因があるはずなので、原因を修正してからサイトの移行を行う必要があります。

 
容量制限がない

画像や動画を挿入する際、容量制限がないので、自分が入れたい素材を自由に挿入することが可能です。

 

ただし、著作権などはあるので、著作権フリーのものを使ったり、引用を使ったりなど、工夫をしなければいけません。

 
 

WordPressのデメリット

  1. サーバー・ドメインの維持費がかかる
  2. 初期はアクセスが全く来ない
  3. ある程度プログラミングをする時が来る
  4. SEOを自力でしなければならない
 
サーバー・ドメインの維持費がかかる

サーバー・ドメインを合わせて、年間で約1〜2万円程度の維持費がかかります。

 

維持費が有料なので、メリットデメリットをしっかりと踏まえた上で、WordPressを使うかどうかを判断しましょう。

 

また、検索上位表示のためにデザインを購入したり、有料システムを導入したりしますが、最初の方は特別必要なわけではありません。

 

初心者はまずは運営してみて、長期的に運用すると決めた時に、追加のデザインやシステムの導入をしましょう。

 

初期はアクセスが全く来ない

初期のアクセスはほぼゼロと思っていた方がいいです。

 

SNSなどで他の人に呼びかけて集客を行う方法もありますが、影響力がない限り効果がないので、初期のアクセスは気にしない方がいいです。

 

期間は早い人で半年、遅い人で2年と言われています。

 

毎日コツコツと進める地道な作業ですが、作ってしまえば安定した収入源になり、自分の資産となります。

 

アクセスを気にせずに、継続的に作業を進めていくことがとても大切です。

 

ある程度プログラミングをする時が来る

「全くプログラミングができない」という方でもWordPress運営は可能です。

 

しかし、ちょっとしたデザインの変更を自分でしたいと思った時に、HTML/CSSの知識が最低限度ある人とない人では、自由度がかなり違います。

 

基礎だけでも覚えておくと視野が広がり、できることが多くなるので、少しずつプログラミング言語を学んでいくことをお勧めします。

 

SEOを自力でしなければならない

SEO(=上位検索の為の努力)を自力でしなければいけません。

 

言い換えると、集客を増やすプランを自分で立てなければいけません。

 

その為、記事の質・構成はもちろん、記事の量産・旬な記事の執筆・有料システム導入、SNSを使った集客など、自分で工夫して集客をする必要があります。

 

SEOに関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

 

まとめ

結果として、無料ブログよりもWordPressの方が幅広く使える為、ストレスなくブログ運営をすることが可能です。

 

無料で使えるところが無料ブログの魅力的なところではありますが、SEOや自由度の観点から見るとやや弱めです。

 

WordPressでのブログ運営は年間1〜2万円程度かかりますが、筆者はそれ以上の価値があると思っています。

 

本気でブログ運営を始める人であれば、その程度の費用は1年で元がとれます。
 
しかし、無料でブログを運用するか、WordPressでブログを運用するか、決めるのは自分次第です。
 
しっかりとメリット・デメリットを踏まえた上で、どちらを使うか決めましょう。
>「SEVEN WALLETS」は、時代の変革に向けて準備をしたい人向けの「副業教育事業」を目指します。

「SEVEN WALLETS」は、時代の変革に向けて準備をしたい人向けの「副業教育事業」を目指します。

「SEVEN WALLETS」は、時代の変革に向けて準備したい人のための学校を作るために、現在チームアップ中です。 副業に特化したメンバーや、事業に参加したい方を募集しておりますので、興味のある方はメールにて気軽にお問い合わせください。

CTR IMG