ご来場いただき誠にありがとうございます。当サイトは、7つの財布づくりを目指すためのノウハウを提供するブログです。

Googleアドセンス審査通過の方法

Googleアドセンス審査とは、Googleのクリック型報酬の広告を自分のサイトに貼る為に、Googleに申請をすることです。

 

近年は審査が厳しくなっており、「なかなか審査が通らない」という声をよく聞くようになりました。

 

しかし、指定されたことをきちんと行えば、確実に審査を通過できます。

 

今回は、Googleアドセンス審査を通過するための方法についてお伝えします。

 

Googleの方針を知る

まず一番初めにしなければいけないことは、Googleの方針について知ることです。

 

Googleには二つの理念があります。

 

  1. 検索に対するGoogleの方針
  2. Googleが掲げる10の事実

※Google公式より引用

 

Googleの方針を見た上で、対策を練る

googleの方針を調べた後は、その方針に従ってホームページ作成をするだけです。

 

ブログ作りに関係ある内容だけ、筆者が抜粋してみました。

 

 

 

 

検索に対するGoogleの方針から見る

実際にGoogleの方針を見て、Googleがどのようなサイト運営者を望んでいるのか考えましょう。

 

関連性や信頼性が最も高い情報を提供する
内容を簡略すると、以下のようにまとめられます。
Googleは日々「検索に対するユーザーの満足感」の向上を目指しています。
新しい質問に対して「検索」ですぐに解決できるように努めています。
新しい質問は、日々の検索のうちの15%です。

 

上記に対する回答

他サイトと比較して、乗っていない情報を率先的に書くようにしましょう。

 

また、専門的な知識があれば書くとなお良いです。
 
外部リンク・引用を積極的に入れることも効果的です。
 
情報を最もわかりやすい形式で提供する
内容を簡略化すると、以下の通りです。
Google は、親しみやすい言葉、親しみやすいサイトデザインをユーザーに提供することを目標にしています。
単なるWebページだけでなく、画像付きなどの多様なコンテンツを表示します。
 

上記に対する回答

サイト閲覧者が見やすい・分かりやすいサイトを作りましょう。
 
画像や動画などを差し込んで、デザインのバランスを整えましょう。
 
 
Googleが販売するのは広告のみ
内容を簡略化すると、以下の通りです。
Googleの検索上位表示は、お金では買えません。
広告を表示する場合は、常に「広告」のラベルをつけて表示されます。

 

上記に対する回答

SEOはお金では基本的に解決しません。

 
 
コンテンツを生み出す人々の成功を後押しする
内容を簡略化すると、以下の通りです。
Google は、すべての人々、サイト運営者、ビジネスがオンラインで成功できるように後押しします。
Googleは、サイト所有者の成功に役立つさまざまなツールやリソースも提供しています。
 

上記に対する回答

サイトを運営して、収入を得ようとする行為は悪いことではありません。(Googleが推奨しています)
 
自分に自信を持ってブログを書きましょう。

 

Googleが掲げる10の方針から見る

googleでは、10個の項目を主体的な方針として定めています。

1項目ずつ、詳細を見ていきましょう。

 

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる
内容を簡略化すると、以下の通りです。
Google は、ユーザーの利便性を第一に考えています。
不満をユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

 

上記に対する回答

ユーザー目線になって考えましょう。

 

 
1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番
内容を簡略化すると、以下の通りです。
Googleは、検索問題を解決することだけに焦点を置いた世界最大級の研究グループです。
Google は、他の分野でも検索技術を活用しています。
 
上記に対する回答
専門性の高い記事を書きましょう。
 
 
遅いより速いほうがいい
内容を簡略化すると、以下の通りです。
Google は、必要とする情報をウェブ検索で瞬時に提供したいと考えています。
Googleのウェブサイトにユーザーが留まる時間をできるだけ短くすることを目標にしています。
 

上記に対する回答

良質なサーバーを使いましょう。

 
 
ウェブ上の民主主義は機能する
内容を簡略化すると、以下の通りです。
Google では、200 以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。
 

上記に対する回答

被リンクを貼ってもらえるようなサイトを作ることが大切です。
 
 
情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない
内容を簡易化すると、以下の通りです。
Googleは、PCでもスマートフォンでも使える、スマートかつ簡易的なサービスを目指しています。
 

上記に対する回答

スマホで見ても綺麗なデザインにしましょう。
 
 
悪事を働かなくてもお金は稼げる
内容を簡易化すると、以下の通りです。

世界中の数多くの広告主が AdWords で商品を宣伝し、数多くのサイト運営者がサイトのコンテンツに関連する広告を配信しています。

※AdWordsやアドセンス広告の基本理念
  1. 検索結果ページには、その内容と関連性のない広告の掲載は認めません。
  2. 派手な広告でなくても効果は上げられると Google は考えています。
  3. Google が掲載する広告には、検索結果の完全性が損なわれません。

Googleの「悪事を働かなくてもお金は稼げる」の基本理念より抜粋

 

上記に対する回答

広告はさりげなく入れましょう。
 
※審査前に広告を貼りすぎると、Googleの審査で落とされる傾向があります。
 
 
世の中にはまだまだ情報があふれている
内容を簡易化すると、以下の通りです。
Google の研究者たちは、世界中のあらゆる情報を検索ユーザーに提供するために開発を続けています。
 

上記に対する回答

収益化を考える前に、サイト閲覧者に役立つ情報を書きましょう。
 
 
情報のニーズはすべての国境を越える
内容を簡略化すると、以下の通りです。
Googleは、検索結果の半分以上を米国外のユーザーに提供しています。
Google の検索インターフェースは 130 を超える言語で利用できます。
 

上記に対する回答

Googleは世界中で使われている為、第二言語を持っている人は外国語で記事作成に挑戦するのも一つの手です。

 
 
スーツがなくても真剣に仕事はできる
内容を簡易化すると、以下の通りです。
Googleは、「自由」にすることで新しい発想が生まれると考えている
 
上記に対する回答
他人の真似事をせずに、自分だけのオリジナルサイトを作りましょう。
 
 
「すばらしい」では足りない   

内容を簡易化すると、以下の通りです。

Googleは、まだ達成できないとわかっていることを目標に設定しています。つまり、現状に満足しないことがGoogleの全ての原動力となっています。
 

上記に対する回答

リアルタイムでGoogleの進化を把握しましょう。
 
 

審査を通す上での最低限すべきこと

以上の項目の他にも、査を通す上で最低限しておいた方がいいと言われている項目があります。

 

この項目を審査前に準備しておかないと、初期段階ができていないと認知され、審査が跳ねられる事があります。

 

準備万端で審査に臨みたいという方は、以下の項目を全て準備しておくと、より審査通過率が高くなります。

 
メニューやカテゴリーの位置は、サイト閲覧者が使いやすい配置を心がける

この項目は、操作性という観点で審査が入ります。

 

サイト閲覧ユーザーが、簡単にサイト内を巡回する事ができ、サイト訪問者に対して適切な回答を最速で提示できているかを求められます。

 

また、TOPページのメニューやカテゴリーを見た時に、「自分のサイトの売り」が一目で分かるような構成にしましょう。
 
 
お問い合わせページを作る

この項目は、googleの信頼性という観点で審査が入ります。

 

サイト閲覧ユーザーからの問い合わせ対応をする事で、ユーザーからの不満が解消でき、運営者への「信頼度」が高まります。

 

最低限の問い合わせフォームを作って、連絡を取れるようにしておきましょう。

 

 

独自ドメインの取得

独自ドメインでなければ審査が通りません。(無料ブログのドメインでは通りません。)

 

※ドメインの形式がhttps://www.〇〇〇.×××.comのように、ドット(.)が2つ存在しているドメインは審査できません。

 

 

ある程度の記事の用意(30記事程度)

この項目は、Googleの信憑性という観点で審査が入ります。

 

記事が少なすぎると「中身がない」と判断され、審査で落とされる場合があります。

 

逆に、短期間での執筆記事が多すぎると不正が疑われ、審査が厳しくなります。

 

その為、少しずつ更新しながら記事数を増やしましょう
 
適切なコンテンツの配信
以下の内容に属する内容は、Googleで不適切なコンテンツとして扱われます。
 
不適切なコンテンツ
  • 危険・抽象的なコンテンツ(いじめ、宗教勧誘など)
  • 性的描写が露骨なコンテンツ(性行為など)
  • 報酬を伴う性的コンテンツ(売春、援助交際など)
  • 児童虐待コンテンツ(児童に対する暴力、性的虐待など)
  • 国際結婚斡旋コンテンツ(外国人との結婚の補助など)
  • 衝撃的なコンテンツ(犯罪・事件の映像露見、誹謗中傷など)
  • デリケートなコンテンツ(テロ・紛争など)
  • 動物虐待コンテンツ(暴力、絶滅危惧種販売など)
  • 違法入手情報コンテンツ(著作権を無視した違法アップロード、政府情報の無断掲載など)
 
プライバシポリシーの作成
Googleアドセンス審査を通す場合、プライバシーポリシーの作成は必須です。
 
※プライバシーポリシーとは、サイトの運営方針・個人情報の管理・責任の所在について明記したページのことです。
 
ページのフッター(最下部分)などにメニューを作ることで、Googleがアドセンス審査の際に確認してくれます。
 
 
アドセンスプログラムポリシー

アドセンスプログラムポリシーとは、Googleの広告を貼る上での注意事項の事です。

 

規約違反をした場合、広告が停止する場合があります。(以下は、利用規約違反の例です)

 

アドセンスプログラムポリシーの規約違反例
  • 無効なクリックとインプレッション(自分でクリック数を増やすなど)
  • クリックや表示を促す(リワード広告枠以外)(他の人に頼んでクリック数を増やすなど)
  • コンテンツ ポリシー[適切なコンテンツの配信]
  • 不正なコンテンツ(急な広告リンクなど)
  • 認定された広告枠(ads.txtを使用する場合、認定販売者に自分を含める)
  • トラフィックソース[不正な広告収入、ユーザーの獲得は不可]
  • 広告の動作[広告表示方法に変更を加えるのはOK]
  • 広告の配置[ポップアップ、メール、ソフトウェア内部の広告配置は不可]
  • サイトの動作[求められていないウェブサイトへのユーザーのリダイレクトなど]
  • 操作性に問題があるサイト[ダウンロードリンクと誤認させて広告を掲載するなど]
  • 技術要件[ユーザーが快適にサイト閲覧できる環境]

 

まとめ<結論だけ知りたい方はこちら>

Googleアドセンス審査通過に必要な内容は、以下の項目です。

 

概要

  • 常に「ユーザーファースト」を考える

 

サイト構成

  • 専門知識を書く(1つのことに特化した内容)
  • 誰も書いていない「掘り出し情報」を書く
  • 他サイトと比較して需要の高い記事を書く
  • ある程度の記事数を用意する(30記事程度)
  • サイトデザインを綺麗に整える
  • 自サイトの概要が一目で分かるメニュー・カテゴリーを作る
  • お問い合わせページを作る
  • プライバシーポリシーを作る
  • 外部リンク・引用を入れる
  • 被リンクを貼ってもらう(不正なし)

 

ドメイン・サーバー

  • 独自ドメインを取得する
  • 高速かつ安定したサーバーを使う

 

注意事項

  • 適切なコンテンツの配信
  • アドセンスプログラムポリシーに準拠する
  • 広告を貼りすぎない
  • 広告を主張しすぎない
>「SEVEN WALLETS」は、時代の変革に向けて準備をしたい人向けの「副業教育事業」を目指します。

「SEVEN WALLETS」は、時代の変革に向けて準備をしたい人向けの「副業教育事業」を目指します。

「SEVEN WALLETS」は、時代の変革に向けて準備したい人のための学校を作るために、現在チームアップ中です。 副業に特化したメンバーや、事業に参加したい方を募集しておりますので、興味のある方はメールにて気軽にお問い合わせください。

CTR IMG