ご来場いただき誠にありがとうございます。当サイトは、7つの財布づくりを目指すためのノウハウを提供するブログです。

SEOの改善で100pvを目指すーGoogleアルゴリズムに基づいた改善ー

SEO

Googleアルゴリズムに基づいたSEO」を、意識していますか?

 

一般的にブログの検索順位を上げる方法は「SEO対策」「システム改善」などと言われていますが、一番有効なのはGoogleが提起する「アルゴリズム」に基づいたSEOです。

 

今回は、その中でもGoogleが推奨している、「Google検索セントラル」(旧称 Google ウェブマスター)から抜粋してSEOしていきます。

 

Google検索セントラルとは、コンテンツが適切なユーザーに表示されるようにするためのサポートツールです。

 

※つまり、SEO(サイト最適化・Google検索順位向上)のサポートツールです。

 

今回は、「Google検索セントラル」を使った検索順位改善について、順を追って説明します。

 

Googleの検索の仕組みはどうなっているのか

Google検索セントラルの序章では、Googleの仕組みについて説明しています。

 

何事も仕組みを知ることが大切なので、まずは基盤を固めていきましょう。

 

さて、SEOはGoogleの検索結果の上位表示を狙うものですが、そもそも、どういった仕組みで検索表示が行われているのでしょうか。

 

結論からお伝えすると、Googleの検索結果に表示されるサイトのほとんどは、手動で登録されたものではなく、ウェブクローラーがウェブの中を巡回し、見つかったサイトが自動的に追加されたものです。

 

※「ウェブクローラー」とは、全世界のサイト全自動で探し回ってくれる、便利なGoogleのソフトウェアです。

 

これから、検索の具体的な仕組みを説明します。

 

フェーズ1:クロール (巡回)→URLの格納(リスト化)

Google はクローラを使い、全自動でウェブを検索し、新しいページや更新されたページを探します。

 

Google はそのページのアドレス(またはページの URL)を後で参照できるように、大規模なリストに格納します。

 

ページの検出はさまざまな方法で行われますが、既知のページからリンクをたどる方法(被リンク)が主に使用されます。

 

フェーズ2:インデックス登録

クロールによって検出したページ(格納したURL)にアクセスし、各ページの内容の分析を試みます。

 

クロール後、分析した情報はGoogle インデックスに保存されます。

 

※Google インデックスとは、膨大な数のコンピュータに格納された巨大なデータベースです。

 

 

フェーズ3:検索結果の表示

ユーザーが Google 検索を実行すると、Google はできる限り質の高い検索結果を特定しようとします。(つまり質の高いサイトが上位表示されるようになっています。)

 

「最適」な検索結果を提供するために、ユーザーの所在地、言語、デバイス(パソコンやスマートフォン)など、さまざまな要素が考慮されます。

 

事前準備ーサイトがGoogleに認識されていることの確認

Googleアルゴリズムについて学んでいく前に、そもそもGoogleに自分のサイトが認識されているか確認する必要があります。

 

基本的に、SquarespaceWixなどのサイトホスティングサービスを利用している場合は、検索エンジンがサイトを見つけられるようにあらかじめ設定されています。

 

※Wordpressも自動です。

 

念のため Google がサイトを認識しているかどうかを確認したい方は、Google でsite:<サイトの URL>と検索してみましょう。

 

※「https://www.xxx.com」の場合、「site:xxx.com」で検索

 

 

※上記の方法でサイトのページが検索結果に表示されない場合があります。(原因は以下の可能性が考えられます)

  • 新しいサイトを立ち上げたばかりで、Google がまだ検出していない
  • サイトのデザイン上の問題により、Google がコンテンツを実質上クロールできない
  • Google がサイトをクロールしようとした際にエラーが発生した(シークレットウィンドウでサイトにアクセスできることを確認してください)
  • Google がサイトを見逃した(Search Console に登録して、ホームページをクロールしてインデックスに登録するよう Google にリクエストしてください)
  • サイトがウェブ上の他のサイトからリンクされていない(被リンクはなくても基本的には表示されます)

 

サイトを最適化するために[Googleが提示するSEO]

さて、事前準備が済んだところで、Googleの検索上位表示の為のSEO(Googleアルゴリズム)について見ていきましょう。

 

色々と調べたところ、Googleがそれについて述べている文面がありました。

 

Googleが提示する8つのポイント
わかりやすい説明を記載する

正確でわかりやすいページ・タイトルを目指します。

完全な情報を提供する

必要事項をすべて記載してください。Google がページ内容を推測することはありません。

話題性を考慮する

季節、トレンド、新サービスなどを考慮してコンテンツを更新します。

サイトを最新の状態に保つ
古い情報は当然検索順位を下げられる原因になります。
テキストを使用する

サイトコンテンツやページタイトルを、画像や動画など、Google が容易に認識できないテキスト以外の形式のみで掲載することはしないことが大切です。

紹介してもらう

有益なウェブサイトでサイトを紹介してもらいます。

専門家を雇う

自分で出来る範囲を超えたサポートがサイトに必要だと考えた場合は、専門家を雇うことを検討するのも一つの手です。

Google検索でのパフォーマンスを評価する

サイトが Google 検索結果に表示される頻度や、ユーザーがサイトへのリンクをクリックしているかどうかを確認します。

 

コンテンツの種類

上位表示の基礎的な部分が分かったところで、次は応用編に移ります。

 

Googleが提供するコンテンツを使い、pvを増やす方法です。

 

コンテンツ1:ウェブサイトに関するGoogleアルゴリズム

基本的に、Google 検索結果に表示されるようにするために特別な措置を講じる必要はありません。

 

質のいい記事を量産することで、勝手にGoogleが巡回し、検索順位を変動させます。

 
コンテンツ1対象のユーザー:サイト運営者全般
 

コンテンツ2:企業または個人事業に関するGoogleアルゴリズム

SEOを、Google検索エンジンだけに任せるのではなく、Googleのツールを使ってSEOを実施する、視野を広げた方法です。

 

Googleのツール

→GoogleショッピングGoogle オファーなどで商品を宣伝します。商品カタログをデジタル形式で Google 検索に送信します。

→小規模ビジネスの成長に役立つGoogleのリソースです。

→ビジネスを Google マップに掲載します。

→お店や施設の様子をストリートビューで紹介できます。

→Googleで自分の存在を個人、企業、または組織として管理したい場合は、ナレッジパネルのエントリの変更を提案できます。

→自分に関するカードをGoogle検索結果に追加できます。(一部の国でのみ利用可能)

 

コンテンツ2向けのユーザー:企業、個人事業主
 

コンテンツ3:デジタルコンテンツに関するGoogleアルゴリズム

Googleのデジタルサービスを使ったSEOです。

 
デジタルコンテンツ

書籍をウェブで宣伝して、Google の電子書籍ストアで販売できます。

重要なニュースやユーザーの興味を引くようなニュースをタイムリーに共有できます。

Google の学術インデックスに研究論文を登録できます。

Google ニュースの検索結果に表示できたり、定期購入としてデジタル版を提供できたりします。

自分のポッドキャストを追加できます。

 
コンテンツ3向けのユーザー:ニュースライター、書籍ライター、研究者などの専門家

 

コンテンツ4:メディアに関するGoogleアルゴリズム

サイト内に動画を投稿したり、チャンネルを表示させたり、あるいはyoutube内でサイトの宣伝をするSEOです。

 

Google 検索で動画を検索、クロールできます。

動画をアップロード、配信して、収益化できます。

 
コンテンツ4向けのユーザー:サイト運営者全般
 

まとめ<結果だけ知りたい方はこちら>

今回の内容をまとめると、以下の通りです。

 

Googleアルゴリズムの構造
  • クロール→インデックス登録→検索結果の表示

 

事前準備
  • site:xxx.comで検索して、自分のサイトを確認

 

Googleの講じるSEO
  • わかりやすい説明
  • 完全な情報提供
  • 話題性
  • 最新のサイト
  • テキストの使用
  • 被リンクの活用
  • 専門家の活用
  • Google Search Consoleの活用

 

GoogleのSEOコンテンツ
  • ウェブサイトをGoogleに知らせるコンテンツ
  • 企業・個人向けの販売コンテンツ
  • ニュースや電子書籍売店を使ったコンテンツ
  • youtube等動画を使ったコンテンツ
 
>「SEVEN WALLETS」は、時代の変革に向けて準備をしたい人向けの「副業教育事業」を目指します。

「SEVEN WALLETS」は、時代の変革に向けて準備をしたい人向けの「副業教育事業」を目指します。

「SEVEN WALLETS」は、時代の変革に向けて準備したい人のための学校を作るために、現在チームアップ中です。 副業に特化したメンバーや、事業に参加したい方を募集しておりますので、興味のある方はメールにて気軽にお問い合わせください。

CTR IMG