ご来場いただき誠にありがとうございます。当サイトは、7つの財布づくりを目指すためのノウハウを提供するブログです。

PB(プライベートバンク)の実態とは

富裕層の多くが利用するプライベートバンクとは

プライベートバンクは、元々スイス発祥で、欧米から発展したサービスです!

 

プライベートバンクとは、一定額を持った富裕層を対象に銀行、証券、信託、保険や不動産といった総合的な資産管理、資産運用サービスを提供してくれる金融です。

 

プライベートバンクの特徴は、富裕層一人一人にオーダーメイドされた金融商品を形成することです。

 

さらに、プライベートバンクではサービスの質を良くする為、営業員一人に対して少数の顧客対応になっているので、金融市場の変化が激しい時にコンタクトが取りやすく、対応が早いことが魅力です。

 

なぜ日本でプライベートバンク利用者が増えているのか

安倍首相による政治政策(アベノミクス効果)

 

アベノミクスによって、経済が大きく回復を遂げたと同時に、富裕層も増えてきました。

※富裕層とは、日本では資産額が1億円以上の人達です。

 

 

このように日本での富裕層の数は増加傾向にあり、一方で個人の消費が低迷しています。

 

そこで、各業界が消費のターゲットとしているのが富裕層です。

 

例えば、日本では、腕時計は実用性よりも宝飾品としての役割が大きく、高級腕時計は富裕層の中で「成功の証」とまで言われている為、富裕層がメインとなって高級腕時計市場の売り上げに貢献しています。

 

プライベートバンクと銀行の違い

富裕層の人達がプライベートバンクを利用する一番大きな要因は、銀行との違いにあります。

 

銀行とは、顧客から預かった資産を別の顧客に貸出することで、利息をもらい利益を上げています。

 

それに対し、プライベートバンクでは、預けたお金を他の人に貸出せず、個人の銀行として資産を保有してくれます。

 

個人のお金を、個人の好きなように資産運用することができる為、プライベートバンクは個人の産運用の手助けをする役割となっています。

 

日本で口座開設できるプライベートバンク

野村証券

  • 日本独立系証券会社の中でも圧倒的マーケットシェアを誇っています。
  • 最低預入額は非公開です。

大和証券

  • 日本大手証券会社5社の一角で、資産運用や事業継承、相続対策などを強みとしています。
  • 最低預入額は公開せず、「基準なし個別対応」となっています。

三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券

  • 三菱UFJファイナンシャル・グループのグループ会社で、プライベートバンク専門としている証券です。
  • 最低預入額は1億円以上です。

みずほ銀行

  • みずほグループの傘下の1社で、2005年からプライベートバンク事業を始めており、主にみずほファイナンシャル・グループの上位層の顧客を対象にしています。
  • 最低預入額は10億円以上

三井住友銀行

  • 以前はイギリス大手銀行バークレイズとの合弁事業をしていましたが、2017年に解消し、現在は「プライベートアドバイザリー」として独自で運営をしています。
  • 最低預入額は5億円以上

三菱UFJ銀行

  • 三菱UFJ銀行は三菱UFJファイナンシャル・グループの一角で、モルガンスタンレーPB証券からの商品提案を受けることで、海外からの情報を入手できるのが強みです。
  • 最低預入額は非公開

 

まとめ

プライベートバンクサービスは非常に便利ですが、一般人は利用困難なサービスでもあり、口座開設に厳しい条件がついています。

 

しかし、海外では少額のお金から始めることのできるプライベートバンクシステムを利用したサービスも存在します。

 

メリットとして、配当利回りが高いことが挙げられますが、海外に口座を作るなど、手間がかかる作業が必要になる場合もあります。

 

実際にプライベートバンクを利用する人はごく少数ですが、こういったサービスがあることも知っておくと便利なので興味がある人は是非調べてみて下さい!

プライベートバンクの最新記事8件

>「SEVEN WALLETS」は、時代の変革に向けて準備をしたい人向けの「副業教育事業」を目指します。

「SEVEN WALLETS」は、時代の変革に向けて準備をしたい人向けの「副業教育事業」を目指します。

「SEVEN WALLETS」は、時代の変革に向けて準備したい人のための学校を作るために、現在チームアップ中です。 副業に特化したメンバーや、事業に参加したい方を募集しておりますので、興味のある方はメールにて気軽にお問い合わせください。

CTR IMG