ご来場いただき誠にありがとうございます。当サイトは、7つの財布づくりを目指すためのノウハウを提供するブログです。

成功者になるには健康であり続けること

人生において自分の体はお金より大事な資本であり、成功者の多くは自分の健康管理にはたくさんの努力をされています。

 

この社会で成功を掴みたいならまずは自分の体(資本)を一番大事にして、常に健康への意識を持っておくことが必要だと私は思っています。

健康の定義とは

WHO(世界保健機関)では健康の定義をこう表しています!

 

健康とは身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、単に疾病のない状態や病弱でないことではない

 

つまり健康とは病気にかかっていないとか関係なくこの3つ要素が満たされた状態のことです。

日本での健康意識

平成26年2月に厚生労働省が実施した「健康意識に関する調査」で健康感とその判断要素では自分を「非常に健康だと思う」と答えた人は7,3%で「健康だと思う」と答えた人は66,4%おり合わせて73,7%の人が健康だと答えました。

 

また健康状態についての判断する際に重視した点に関しては「病気がないこと」が63,8%次いで「美味しく飲食できること」が40,6%そして「体が丈夫なこと」が40,3%となりました。

 

一方で健康に対して不安があると答えた人は61,1%で不安の内容は「体力の衰え」が49,6%で最も多く、次に「持病がある」が39,6%「ストレスなど精神的に疲れるなど」が36,3%となっていました。

 

またこれ以外にも人間関係や仕事関係などがうまくいかないなどが原因の回答もありました!

 

このように健康意識において身体的な部分であったり、精神面や社会的な面で少なからず健康意識に関わっているという結果になっています!

 

この他にも健康意識調査では面白い結果があるので是非興味のある方は見てみてください!「厚生労働省健康意識調査」

健康な体づくりの為に心がけること

病気を防ぐ体づくりには免疫力を高めることが一番だと思います。

免疫力低下の理由には体力の低下やストレス、充分でない睡眠などが挙げられ、健康な方でも食生活の偏りや生活リズムの乱れや疲労や運動不足や喫煙や過度の飲酒なども含まれます!

今回は免疫力を高める為の3つの要素について解説してきます!

栄養バランスの取れた食事

まず初めに大事なのは自分にとっての栄養の取れた食事であることです!

 

1日に必要なエネルギーの量は人によって異なり、周りに合わせて食べていると過剰摂取にも繋がるので注意が必要になります。

 

では1日にどれだけの食事の量を取れば良いのかという疑問については農林水産省が公表する「食事バランスガイド」を確認してみて下さい!

 

一般的に食事のバランスとして主食(米、パン、麺)+副菜(野菜、きのこ、いも、海藻類など)+主菜(肉、魚、卵、大豆類)最後に乳製品や果物になり、人間の体に必要な五大栄養素を摂取しなければなりません。

 

五大栄養素とは食べ物本来の持っている栄養素が体にもたらす働きをグループしたもので、炭水化物、脂質、タンパク質、無機物(ミネラルなど)、ビタミンを表します

それぞれの栄養素がもたらす体への働き

炭水化物

炭水化物は体を動かすエネルギーとなり、炭水化物の一部でもある食物繊維はコレステロールの吸収を抑えたり、腸内環境を良くする働きがります。

脂質

脂質には炭水化物同様に体を動かすエネルギーとなります。

タンパク質

タンパク質には筋肉や内臓などの体組織を形成する働きがあり、さらにタンパク質には炭水化物や脂質のエネルギー源の代わりにもなる非常に重要となります。

無機物(ミネラル)

ミネラルには体の発育・代謝・生理作用をコントロールする働きがあり、細胞のバランスを維持して、神経や筋肉機能を正しく保ってくれます。

ビタミン

ビタミンには炭水化物や脂質などのエネルギー源となる働きのサポートをしてくれる働きがあり、疲労回復にも繋がります。さらにビタミンには全部で13種類存在し、それぞれが違う働きを持っており違うビタミン同士で機能する為ビタミンにもある程度のバランスも大事になります。

 

しかし毎日の食事で栄養バランスの取れた食事というのは難しく、野菜や魚などに含まれる栄養素が不足しがちですが最近ではサプリメントで必要な成分を補う人も少なくありません!

適度の運動

運動が健康にもたらす効果とは主に生活習慣の予防筋肉や体力の維持です

 

人間の体を動かすエネルギーは食事から摂取することができますが、摂取した分だけのエネルギーを消費しなければエネルギーは脂肪に変化し脂肪の量が多すぎると肥満になり、糖尿病や高血圧などといった生活習慣病になる恐れがあります。

 

人間とはある程度の運動をしなければ筋肉や体力の衰えが著しく低下してしまう生き物で私たちが普段から行っている歩くという基本的な動作には全身の筋肉(足、腕、背中、腰、お尻)が使われており、重心を移動して前に進む為のバランス感覚、さらには心肺機能の上昇効果も得ることができます。

 

歩く動作が減っている人は全身の筋肉の低下、バランス感覚や心肺機能の低下に繋がり長時間動くことができなかったり、小さな段差でつまづいたりと病気だけでなく怪我にも繋がってしまいます。

 

ここでは歩く動作について例を挙げましたが最近では時代の発展により歩く機会が減ってしまい日常生活の中で歩くだけではエネルギー消費量が足りず、実際は運動やジムなどエネルギー消費が激しいものが効果的であり、そして大事なのは運動を習慣化し、毎日やり続けることです!

 

その他にも運動の効果というのは肉体的だけでなく、精神的にも非常に効果的です!

 

例えば、気分転換ストレスの解消認知症の低減不定愁訴不定愁訴とは)の低減など

 

このように運動とは肉体だけでなく精神的にも健康にしてくれる効果があるのでとても重要ですが過度な運動は返って体を壊してしまうので適度な運動が望ましいです!

質の高い睡眠

睡眠は人生の3分の1を占めると言われています!

 

質の高い睡眠とは一体どういう意味かというと、

実は睡眠には深い睡眠(ノンレム睡眠)と浅い睡眠(レム睡眠)の2種類存在し、深い睡眠の時間が長ければ長いほど成長ホルモンの分泌により細胞組織の回復や疲労の回復、体の成長にも大きく影響してきます。

 

人間本来の睡眠サイクルはこの深い睡眠と浅い睡眠を交互に繰り返し最終的に浅い睡眠で起きると言われていますが、この浅い睡眠時間が長くなってしまうと疲れが取れない状態となります。

 

深い睡眠をするには心と体をリラックスさせる必要があり、その為にはまずはストレスや心理的不安出来事などを無くすことが一番です!

 

さらにはカフェインやアルコールなどを避けること。アルコールには代謝を良くし尿意によって睡眠の質を悪くし、カフェインは効果は尿意と興奮作用を高めるなどの効果がある為、寝る前は避けましょう!

 

深い睡眠に入る為の方法は人それぞれ異なり自分に合ったリラックス効果がありますがここで幾つかリラックス効果が期待できる方法をご紹介します!

1 睡眠環境を見直す(枕や布団、ベッドなど様々)

2 入浴(体温を上げることでリラックス効果がある)

3 アロマオイルなどを活用する(アロマの香りにはそれぞれの効果があり自分に合った香りでリラックスする)

4 音楽を聴く(人間の脳には脳波が流れておりリラックスする脳波はα波と言われておりα音楽とは歌詞の入っていないゆったりとした音や自然の音、高周波の音が効果的です)

 

人間の睡眠時間の理想は7時間と言われていますがそれぞれに異なる最適な時間が存在していますので自分に合った睡眠時間で深い睡眠になるべく入ることが疲労回復に繋がります!

まとめ

健康を維持することは簡単そうなことで非常に難しいことです!

どうしても食生活に偏りが出たり、運動不足や寝不足になりがちですがこうした毎日の意識が自分の体を健康にしてくれます。

健康な体とは身体的にも精神的にも社会的に良好であるというようにどんなことでもポジティブに捉えることこそが一番の健康に繋がるのかも知れません。

そしてどんな病気を治す力も人間には秘められていますので常日頃から免疫力を高めておきましょう!

 

 

 

健康意識を高めるの最新記事8件

>「SEVEN WALLETS」は、時代の変革に向けて準備をしたい人向けの「副業教育事業」を目指します。

「SEVEN WALLETS」は、時代の変革に向けて準備をしたい人向けの「副業教育事業」を目指します。

「SEVEN WALLETS」は、時代の変革に向けて準備したい人のための学校を作るために、現在チームアップ中です。 副業に特化したメンバーや、事業に参加したい方を募集しておりますので、興味のある方はメールにて気軽にお問い合わせください。

CTR IMG